turn red by co

2012年11月30日 13:25

急に寒くなってきましたね。
周囲では体調を崩す人が続出です。

そんな中、私も先日高尾山に紅葉を見に行きました☆


11月初旬だったので、まだ色づき始めたくらいだったのですが、綺麗でした(*^_^*)
毎日コンクリートジャングルの中にいるので(笑)
久しぶりの緑に囲まれる間隔…癒されました(´∀`)
頂上に到着するとこんな光景が!!!!!!!!!!


富士山が見えるん♪
高尾山から富士山が見えるだなんて知らなかったので大興奮!
この日は天気も良かったのですごく気持ちが良かったです。
登山道も初心者が登るコースならブーツで行けちゃいましたよ♪(ぺたんこですけどねw)

リフレッシュできた休日でした(^^)


東京営業 co

秋の一日 by ちょびん

2012年11月22日 11:00

秋の一日、小雨にも関わらず恵那峡へ行ってきました。
恵那はミカゲ石の産地で、古くから錆石が多く採れ国内でも有数な場所です。
今日は紅葉と大井ダムを見るのが目的。絶景でした。


すべて巨大なミカゲ石、塊が吐出しています。圧倒されます。
もう一つ、恵那峡「大井ダム」といえば福沢桃介とマダム貞奴のロマン(私はロマンと云うものにめっぽう弱い)。
ステキです。
「男伊達ならあの木曽川の、流れ来る水を堰きとめてみよ」と歌われ、実現させた桃介と貞奴。

明治~大正ロマンに浸る一日でした。         
                                                           by  ちょびん
 

石彫刻修復風景 by tomo

2012年11月15日 14:00

 アトリエさんを覗くとなにやら大きな石を釣り上げて作業中。

石彫刻の修復をしているところだそうです。

大きな彫刻作品がバラバラになって置かれていました!

一体もとはどんな作品だったのでしょうか・・・w

写真の様子は傷や穴を樹脂で埋めているところです。

この後磨くと、また以前の石の質感を取り戻すことができるそうです。

人の手によって造られた石彫刻が、

またこのように人の手によって修復され何年も多くの人の目に触れる作品となるなんて素敵ですね!!

by tomo

時間と空間が創りだす「何か」by IshiOyaji

2012年11月08日 15:25

 久しぶりに豊田市美術館に来ました。

外観にはアメリカ産のグリーンスレートと柔らかい色の合わせガラスが使われており、
シャープな直線が強調されたデザインになっています。
設計は巨匠 谷口吉生氏。
巨匠と呼ばれる建築家が創りだす空間だけがもつ言葉では言い表せない「何か」。
その「何か」が、五感を刺激するのでしょうか。
日常生活にはない感覚を感じます。
オープンは1995年11月。
何度か訪れていて、すでに17年が経過していますが、石(スレート)という地球素材で創られたその
空間はそれぞれの時間で「何か」を感じさせてくれます。
                                 by IshiOyaji

石の表情 by mia

2012年11月02日 17:05

 こんにちは

段々秋が深まってきましたね。

最近の工場内ですがこんな石たちも扱っています。

これらの石は郡上市の山から運ばれてた自然石。

公園の景観石として使われます。

自然石は周りになじむのでさまざまな場所で使われていますね。

すべて違う表情をしていて魅力があります。

これらの石たちも時間の経過とともに良い効果を出してくれるのではないでしょうか。

 

                          アトリエ mia

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO