いわゆる、理由あり?(背板)    by IshiOyaji

2013年05月02日 16:20

    大型連休後半の前日です。
    当社ゲストハウスの広場に背板を展示しました。
    実際に製品を作るときには、使えない部分です。

    魚でいうとカマ(アラ)。パンでいうとミミの部分にあたりますので
    これはこれで違ったうまみがあるというものです。

    地球素材としての荒々しさ。自然のままの素材感はほかの材料では表現できません。

    天然素材の調達から製作を国内工場でやっている関ヶ原石材だからこそできる材料です。

by IshiOyaji

こののページのTOPに戻る
    
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO