先輩の声のコピー
8.トレーディング

これが私の仕事  顧客目線の、石材のプロフェッショナルとして

仕事内容は多岐に渡りますが、対応は設計の方から一般のお客様まで幅広く、石の相談から提案まで行う部署です。
設計の方に関しては、石の納まりまでの相談を受ける場合も多く、様々な問い合わせに対して答えなければいけません。
ですので、日々勉強の毎日でもあります。一般のお客様とは、お客様が想い描いている製品を一緒に作り上げる場合も
あります。

だからこの仕事が好き!  『石の魅力を伝える』という仕事

お客様との接点は電話やメールでの問い合わせがスタートです。
顔が見えない中で、信頼関係をつくるかが重要なポイントです。
非常に難しいですが、その中でどれだけ石の魅力を
伝えていけるかが鍵となります。素材には適材適所があります。
ですので石が不向きな場所には、あえて使用を辞めていただく
提案も行います。
石との素敵な出会いをつくる恋のキューピットな仕事です。

関ヶ原石材を選んだ理由  偶然? 必然? の出会い

前職で設計・デザインという仕事をしていました。諸事情でその仕事から離れることとなり、ものづくり
仕事をしたいという思いを秘めたまま、別事業に参加していました。

別事業の方向性が決まった時に、なんとなく転職サイトをみた時に出会ったのが関ヶ原石材でした。

ただ、私のいた業界は建築業界ではありませんでしたので、不安ではありました。

採用担当の方の会社説明で、採用後の研修プログラムの説明を聞き、他業界にいた私でも、もう一度
ものづくりに挑戦できるのでは?という思いになりました。

そして建物の仕上材として多くの人々の目に留まることや、また注目を集めるようなプロジェクトや建物に
携われる
仕事に魅力を感じ、入社を決めました。

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO