採用情報
採用情報
職種紹介
研修について
よくある質問

研修について

 当社では、新入社員の研修制度を「3Sプログラム」と題しています。
当社での新入社員研修は、集合研修を行った後、すぐにOJT(実務訓練)に移るという研修制度ではありません。まずは全職種において、当社の石材加工についての勉強期間が必要です。
まずは、当社で業務にあたる為の基礎知識を学んでいただき、その上でそれぞれの希望や適性から、任せる業務を決定します。

 「3Sプログラム」は、「3年でゼロから一人前になってもらう」という考えのもと、基礎知識から応用技術までを習得できるようスケジュールが組まれており、文系理系を問わず社員を育てられる仕組みです。
社会人としての足場を固める重要な3年間は、その後の生活に長く影響するものです。
将来、あなたがどうなりたいのか、どんな働き方をしたいのかをベースにしながら、「何を・なぜ・いつ学ぶのか」を明確化したプログラムで、石材のエキスパートになる為の知識と技術を取り込んでいただきます。

  • 1年目:本社にて全体共通のプログラムに沿った教育を行います。
  • 2年目:各支店・事業部の設計部門に転属となり、上司と先輩に付いて設計のOJTを行います。
  • 3年目:入社時の希望職種へ配属となり、さらに1年間の実務OJTを行います。

研修概要

 総合職の場合、採用の場所を問わず、入社後一年は本社のある岐阜県関ヶ原で集合研修を行います。
事業拠点は全国にあり、岐阜県外から入社していただくことも多いですが、最初の1年は本社の設備の中で石材加工の基礎を学ぶ必要があるため、本社の寮・社宅に入っていただきます。

【目的】

  • 学生から社会人への切り替えをはかる
  • 業界理解、自社理解を深めると共に、関ヶ原石材社員として必要な基礎知識を理解する。

社会人に求められる知識・能力・心構えを身につける
【例】石材の加工工程を体験し、石材加工の基礎知識を身につける

社会人の心構え・ビジネスマナー・社内規定
【例】加工現場見学、丁場(石材を掘る山)研修、丁場研修レポート発表。

【丁場研修レポート報告会の様子】

毎年4月末に新入社員全員で丁場研修を行います。
岐阜県の恵那市にある「恵那さび」という御影石が産出される山に行き、石材の採掘方法などを実際に確認します。
その経験を元に当社役員に向けて、研修レポートの発表を行います。

【設計部門での基礎教育】
営業系、設計系、事務系のすべての新入社員に対し、設計部門での基礎教育を行う。
石材加工図面、製作伝票の読み方、書き方の基礎知識を身につける。

【営業部門での基礎教育】
本社内のトレーディング事業部(商社部門)にて、電話応対の実践や石種知識の習得、お客様先への営業同行等を行い、基礎知識を身につける。

【各支店での実地研修】
営業拠点である各支店(東京、大阪、名古屋など)で営業、設計、工事施工管理のそれぞれの仕事に同行し、一年後のあるべき姿をイメージしながら実務を経験する。

【3年次合同 集合研修の様子】

入社1年目から3年目までの社員が一斉に本社に集まり、年代・性別も様々なチームを組んで、課題に取り組む研修を行っています。
普段接することのない職種や年次の先輩・後輩と同じ目標に向かって課題解決を行い、横のつながりも強める研修です。

◆設計部門でのOJT研修【1】
石材加工伝票を作成する部門に配属となり、基本的なCAD(設計)ソフトの操作と、実際に加工場へ手配する加工伝票の作成を行う。

◆設計部門でのOJT研修【2】

入社半年を過ぎると、実際に図面・加工伝票を作成する設計部門(工務部門)に配属となります。
そこでCADソフト(設計ソフト)を使用し、加工伝票を作成したり、施工図の作成を実際に行いながら図面への理解を深めてもらいます。

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO