セキストーンコートのご紹介

セキストーンコートは、様々な表面汚染や吸い上げ染みを防止保護する建築用天然石材専用保護剤です。
おかげさまで平成25年3月で発売11年目(※1)を迎える事が出来ました。
現在、多くのお客様(施主・設計・ゼネコン様)にご採用いただいております。
44万㎡の施工実績をもとに、今後さらに付加価値のある魅力的な建築石材製品のご提供をさせていただきます。
(※1平成15年4月発売開始) 

セキストーンコートをお勧めする理由

安全性

 セキストーンコートが食品衛生法の規格基準をクリアして、有害物質の無残留証明を取得しました。
 その効果や安全性で、建物の内外部の壁や床以外にも、生活の中で手に触れるキッチンカウンターにも
 採用されています。

石は意外に汚れやすいもの?

 天然石材は見た目では分かりにくいですが、水を吸い込みやすい性質と細かな穴がある構造を持っています。
 水を吸い込みやすいということは汚れが付きやすいことにつながり、また内部に小さな穴があるということは、
 石の通気性を発揮するものですが、一度汚れが付いてしまうと取りにくいということになります。

石の断面

石の汚れ例

裏面からモルタルの成分が浸透して起きるもの(濡れシミ)
濡れ色例

色の濃い部分が濡れ色(濡れシミ)といわれている汚れです。専門的にはサブフロレッセンスと呼ばれています。
石を施工するときに使用するセメント成分が裏面からしみ込んでいき、石の内部で結晶化するために発生します。

表面から汚れが染み込んでいるもの
油汚れ

どのような建材をお使いになっても、年月の経過による汚れは避けることができません。
ふたつの汚れ例も、発生してしまったあとではもとに戻すことはかなり困難です。
吸水性のある石の場合、施工前の防汚処理が効果的です。

セキストーンコートのご提案

セキストーンコートは関ヶ原石材の長年にわたる天然石に関するノウハウを基に石材メーカー自身が開発した
表面処理剤です。 
天然石材専用に開発されたフッ素樹脂とシリコーン成分が石材内部に浸透し、石材組成成分と化学的に結合する
ことによって高い耐久性と撥水撥油効果を発揮します。
天然石材独特の素材感を損なうことなく、石材の表裏面からの汚れの浸透を防止する効果が期待できますので
竣工時の美観を長く保つことができます。

吸い上げ防止性能確認

赤インク硫酸ナトリウム溶液浸漬試験結果(48時間半分浸漬)

実験①

石灰石 ライムストーン

実験②

ミカゲ石 カレドニア

◎ セキストーンコート処理石材は両石種共赤インクの吸い上げが認められません。

経年汚染による効果確認

暴露試験

カタログはこちら⇒セキストーンコートカタログ

こののページのTOPに戻る
WEBからのお問合せはコチラ
Copyright © 2011 SEKISTONE Co.,Ltd. All rights reserved. Produced by TAO